男女間賃金格差に係る情報開示の義務化について

2022年7月8日、女性活躍推進法に基づく省令改正により、男女間の賃金差の開示が企業に義務付けられました。


従来、女性活躍推進法では、常時雇用する労働者が301人以上の事業主に「管理職に占める女性労働者の割合」等の厚生労働省令で定める項目のうち、2つ以上を公表することを義務付けていました。

今回の改正により、従来の2項目に加えて「男女の賃金の差異」という項目を開示することが必須となりました。



1.対象企業

 常時労働者301人以上の企業に対し、男女の賃金の差異の情報開示が義務付けられます。 

 情報開示は事業主ごと(企業単位)に求められます。

 

2.賃金の差異の求め方

 男女の賃金の差異は、絶対額ではなく、男性労働者の賃金の平均に対する女性労働者の

 賃金の平均を割合で開示します。

 全労働者・正規雇用・非正規雇用の3つの区分について、それぞれ男女別の年間平均賃

 金を算出し、女性の平均年間賃金を男性の平均年間賃金で割った数字を、男女の賃金の

 差異として示します。


3.開示の時期

 改正省令施行日以後に終了する事業年度の実績を速やかに公表します。

 「速やかに」とは、事業年度が終了した後、おおむね3か月以内を指します。



情報公開にあたっては、厚生労働省が運営する「女性の活躍推進企業データベース」や

自社のホームページ等をご活用ください。



 <厚生労働省>

 令和4年7月8日 雇均発0708第2号「男女の賃金の差異の算出及び公表の方法について」

 

 「女性の活躍推進企業データベース」

 



最新記事

すべて表示

10月1日(土)より都道府県ごとに決定される地域別最低賃金額が、順次改定されます。 最低賃金は、年齢、パート・アルバイトといった雇用形態やその呼称にかかわらず、すべての労働者に適用されることになるため、最低賃金額や発効日の確認してください。 【各都道府県の改定額と発効年月日はこちら】 地域別最低賃金の全国一覧 【最低賃金に関する特設サイトはこちら】 『必ずチェック最低賃金 使用者も労働者も』 都道

厚生労働省では先ごろ、2022年4月からの改正育児・介護休業法施行に向けて、法改正に対応した就業規則の規定例等をホームページ上で公表しました。 規定例では、法改正に対応した社内規定の条文例に法律上の取り扱いを示した解説を添付。そのほか、制度利用時に用いる各種申出書や通知書の様式、法定の項目を網羅した労使協定例、2022年4月から義務化される「妊娠・出産の申し出をした労働者に対する個別の周知・意向確

9月1日より労災保険の特別加入の範囲に以下の方が追加されます。 ・ 自転車を使用して貨物運送事業を行う者 これまでは、自動車および原動機付自転車を使用して貨物運送事業を行う者を、 一人親方等として特別加入の対象範囲となっていたものに、新たに自転車を 自動車及び原動機付自転車を使用して貨物運送事業を行う者が追加。 ・ ITフリーランス 「情報処理に係る作業」を行う人について、新たに特別加入の対象とさ