8月以降の雇用調整助成金の特例措置等の予定

新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置は、7月については、5月~6月の助成内容を継続することが発表されていました。


沖縄県において緊急事態措置の実施期間延長、また、東京都・愛知県・大阪府等の都道府県においてまん延防止等重点措置の実施が決定されたこと等により、7月末までとなっている現在の助成内容が8月末まで継続される予定と公表されました。

 

なお、9月以降の助成内容については、雇用情勢を踏まえながら検討され、7月中に公表される予定です。



厚生労働省「8月以降の雇用調整助成金の特例措置等について





最新記事

すべて表示

産業雇用安定助成金について

産業雇用安定助成金は、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合に、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成を行うものです。 これまでは対象にならなかった独立性が認められない事業主間で実施される出向へについても2021年8月1日以降に実施される出向についても、新たに助成金の対象となることが公表されました。 □新たに

雇用調整助成金の特例について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う業況悪化への対応として行っている雇用調整助成金の特例を本年12月まで継続する方針を示されたました。 雇用調整助成金については、2021年5月から、中小企業に対する助成率(解雇等を行わない場合)を原則10分の9、特に業況の厳しい企業や、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の対象地域で時短要請に応じる企業を対象に10分の10に引き上げる特例が適用されています。 これらの

雇用調整助成金の特例措置について

厚生労働省は、緊急事態措置区域として東京都が追加されるとともに、大阪府など4府県においてまん延防止等重点措置の実施期間が延長されたことを受けて、5月から内容を改定し継続している雇用調整助成金の特例措置を9月末まで継続する予定であることを公表しました(継続実施は省令改正を経て決定)。 なお、10月以降の助成内容については、雇用情勢を踏まえながら検討し、8月中に公表することとされています。 9月以降の