top of page

2024年10月以降の短時間労働者に対する社会保険の適用拡大について

2024年10月以降、短時間労働者の社会保険の適用範囲が拡大されます。


これまでは、厚生年金保険の被保険者数が101人以上の企業が対象となっていましたが、

2024年10月より、厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者も、

加入要件を満たせば社会保険への加入が義務付けられます。


1.加入要件


 厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者で、

 下記要件に全て該当する場合

 (1) 1週間の所定労働時間が20時間以上であること

 (2) 所定内賃金が月額8.8万円以上であること

 (3) 学生でないこと

 (4) 2か月を超える雇用の見込みがあること

 

2.適用拡大の対象となる事業所への通知


 2023年10月から2024年7月までの各月において、厚生年金保険の被保険者総数が

 6か月以上50人を超えたことが日本年金機構にて確認できた事業所に対して、

 2024年9月上旬に「特定適用事業所該当に関する事前のお知らせ」が送付されます。

 その後、2024年10月上旬に「特定適用事業所該当通知書」が送付されます。


 事前勧奨状として「特定適用事業所に関する重要なお知らせ」が送付される場合も

 あります。



 <日本年金機構>

 

 


最新記事

すべて表示

協会けんぽの健康保険料率について

協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、2024年3月分(4月納付分)からの 料額表が協会けんぽのホームページで公開されています。 なお、介護保険料率は、全国一律の1.60%となります。 令和6年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます 令和6年度保険料額表(令和6年3月分から)

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の臨時的取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大を踏まえ、令和4年8月9日以降に申請を 受け付けた新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金については、以下のような 臨時的な取り扱いになっています。 1.臨時的な取り扱いについて 医師の意見書を添付することができない場合、療養により休んだ期間やその期間 において療養のため労務に服さなかった旨を証明する書類を会社が発行し添付す ることで、傷病手当金の申請が可能

企業型DC受給開始時期の拡大及び加入可能年齢の拡大について

2020年5月に成立した年金制度改正法により、企業型確定拠出年金(以下「企業型DC」という)の改正が順次行われてきました。 2022年4月以降に施行された主な改正点を2点取り上げます。 1.企業型DC受給開始時期の拡大(2022年4月1日施行) 企業型DCの受給開始時期は60歳から70歳の間に限られていましたが、 今回の改正により、上限年齢が75歳に引き上げられたことにより、60歳の 加入者資格喪

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page