雇用調整助成金の特例措置を段階的に縮減

厚生労働省より日、新型コロナウイルス感染症に伴う雇用調整助成金の特例措置を2022年1月から段階的に縮減する予定であることが公表されました。


現在、雇用調整助成金の原則的な助成内容は、特例措置により中小企業の助成率を5分の4(解雇等を行わない場合は10分の9)、1人1日当たりの助成額を1万3500円(大企業の助成率は3分の2、解雇等を行わない場合は4分の3、助成額上限は同じ)に引き上げています。


2022年1月以降は、助成率は据え置きつつ、助成額の上限を1~2月は中小企業・大企業とも1万1000円に、3月は同じく9000円に縮減する予定としています。


なお、営業時間の短縮等を要請された場合の地域特例、業況悪化に伴う業況特例の対象となる場合の助成率・上限額の特例措置は、1月から3月までも現行内容を継続する予定です。


【厚生労働省】

令和4年1月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

最新記事

すべて表示

改正育児・介護休業法に関する規則の規定例、様式例等を公表

厚生労働省では先ごろ、2022年4月からの改正育児・介護休業法施行に向けて、法改正に対応した就業規則の規定例等をホームページ上で公表しました。 規定例では、法改正に対応した社内規定の条文例に法律上の取り扱いを示した解説を添付。そのほか、制度利用時に用いる各種申出書や通知書の様式、法定の項目を網羅した労使協定例、2022年4月から義務化される「妊娠・出産の申し出をした労働者に対する個別の周知・意向確

雇用調整助成金の特例措置のについて

新型コロナウイルス感染症対応として実施している雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金および新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、本年11月末までとしていた実施期限を2022年3月末まで延長する予定であることが公表されました。 雇用調整助成金については、本年5月の見直し以降、中小企業に対しては原則的措置として助成率を5分の4(解雇等を行わない場合は10分の9)、地域・業況によ

65歳以上の副業者を対象とする「雇用保険マルチジョブホルダー制度」

厚生労働省より、2022年4月1日から新設される「雇用保険マルチジョブホルダー制度」の概要を示すパンフレットやQ&Aをホームページ上で公表されました。 雇用保険マルチジョブホルダー制度は、複数の事業主に雇用される65歳以上の労働者に対するセーフティネット拡充を目的として、2020年3月に成立した雇用保険法等の一部を改正する法律により新設されるものです。 以下の要件を満たし、特例的に雇用保険の被保険