top of page

雇用調整助成金の特例措置を段階的に縮減

厚生労働省より日、新型コロナウイルス感染症に伴う雇用調整助成金の特例措置を2022年1月から段階的に縮減する予定であることが公表されました。


現在、雇用調整助成金の原則的な助成内容は、特例措置により中小企業の助成率を5分の4(解雇等を行わない場合は10分の9)、1人1日当たりの助成額を1万3500円(大企業の助成率は3分の2、解雇等を行わない場合は4分の3、助成額上限は同じ)に引き上げています。


2022年1月以降は、助成率は据え置きつつ、助成額の上限を1~2月は中小企業・大企業とも1万1000円に、3月は同じく9000円に縮減する予定としています。


なお、営業時間の短縮等を要請された場合の地域特例、業況悪化に伴う業況特例の対象となる場合の助成率・上限額の特例措置は、1月から3月までも現行内容を継続する予定です。


【厚生労働省】

最新記事

すべて表示

育児休業給付金 延長申請時の手続き厳格化 について

2027年4月1日以降に育児休業給付金の延長申請を行う際の手続きが雇用保険法施行規則の省令改正に伴い、厳格化されることが決定しました。 1.厳格化の背景 保育所等への入所意思がないにも係らず給付金延長の為に申し込みを行う者への 対応や、意に反して保育所等の入所が内定した者からの苦情対応等に自治体が時間 を要しており、見直しの要望が示されていました。 これに伴い自治体の負担軽減と適切な運用を図るため

2024年10月以降の短時間労働者に対する社会保険の適用拡大について

2024年10月以降、短時間労働者の社会保険の適用範囲が拡大されます。 これまでは、厚生年金保険の被保険者数が101人以上の企業が対象となっていましたが、 2024年10月より、厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者も、 加入要件を満たせば社会保険への加入が義務付けられます。 1.加入要件 厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者で、 下記要件に全て該当す

協会けんぽの健康保険料率について

協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、2024年3月分(4月納付分)からの 料額表が協会けんぽのホームページで公開されています。 なお、介護保険料率は、全国一律の1.60%となります。 令和6年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます 令和6年度保険料額表(令和6年3月分から)

Comments


bottom of page