雇用調整助成金の特例について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う業況悪化への対応として行っている雇用調整助成金の特例を本年12月まで継続する方針を示されたました。


雇用調整助成金については、2021年5月から、中小企業に対する助成率(解雇等を行わない場合)を原則10分の9、特に業況の厳しい企業や、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の対象地域で時短要請に応じる企業を対象に10分の10に引き上げる特例が適用されています。


これらの特例は、既に9月まで継続する方針が示されていましたが、10月に予定される地域別最低賃金の引き上げ発効に向け、中小企業に対する支援策として、最大10分の9以上の助成率を年末まで継続することとしたものです。


これと併せて、雇用調整助成金については、業況特例の対象となる中小企業が事業場内で最も低い時間給を一定以上引き上げる場合、地域別最低賃金が引き上がる10月から12月までの間、休業規模要件(休業延べ日数が所定労働日数の40分の1以上)を問わずに支給する新たな特例を追加することとしています。



https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2021/0721/shiryo_03-2.pdf


最新記事

すべて表示

厚生労働省より、今後の関係省令の改正を前提として、雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置を6月まで延長することが公表されました。 助成内容は既に決定していた3月までの適用水準と変更なく、雇用調整助成金については原則的な助成率を中小企業は5分の4(解雇等を行わない場合は10分の9)、大企業は3分の2(同4分の3)とし、日額上限は9000円となりま

厚生労働省より「キャリアアップ助成金」について、令和4年度の変更点の概要資料が示されました。 【令和4年4月1日以降 変更点の概要】 □正社員化コース・障害者正社員化コース ・有期雇用労働者から無期雇用労働者への転換の助成が廃止されます。 □両コース共通改正事項 (1)正社員定義の変更 ・「賞与または退職金の制度」かつ「昇給」のある正社員への転換が必要となります。 (2)非正規雇用労働者定義の変更

雇用調整助成金の来年3月までの特例措置等が公開されました。 特例措置の段階的な縮小が行われ始めているため、1人あたりの日額上限額について、2022年1月より引き下げられますが、原則的な措置であるため業況特例や地域特例は従前の上限額が継続されます。 各種リーフレット、ガイドブック等がリニューアルされていますので、以下よりご確認ください。 厚生労働省 「雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の