top of page

障害のある人への合理的配慮の提供の義務化について

2024年4月より障害者差別解消法が改正され、これまで努力義務であった

事業者の障害のある人に対する合理的配慮の提供が義務化されます。


この改正により、障害のある人からバリア(障壁)を取り除くために、何らか

の対応を求められた場合、事業主は合理的な配慮をすることが求められます。



1.対象となる事業者


本法における「事業者」とは、商業その他の事業を行う企業や団体、店舗であり、

目的の営利・非営利、個人・法人の別は問いません。

個人事業主やボランティア活動をするグループなども「事業者」に含みます。



2.合理的な配慮の提供とは


社会生活において障害がない人には簡単に利用できることでも、障害がある人に

とっては利用が難しいものが多く存在します。

そのバリアを取り除くことで、障害がある人でも制限なく活動できるよう配慮する

ことを「合理的な配慮の提供」といいます。


合理的な配慮の提供の内容は、障害特性や個々の状況により異なるため、必要な

対応について障害のある人と事業者が話し合い、相互理解を重ねて検討していく

ことが重要となります。



3.事業者としての取り組み方


内閣府のポータルサイトでは、障害特性ごとの「合理的配慮の提供」の事例が

紹介されています。

また、障害のある人にとってバリアとなるルールやマニュアルがないかを確認し、

見直しを進めていく必要があります。



<内閣府>


 

 

最新記事

すべて表示

移転のお知らせ

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 このたび、弊社は、本社を2022年10月11日より以下の所在地に移転しますのでお知らせいたします。 移転を機に、サービスのさらなる向上をめざし皆様のご期待に沿えるよう努力してまいりますので、 今後とも変わらぬお引立てを賜りますようお願い申し上げます。 【移転先住所】 〒102-0071 東京都千代田区

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法について

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法の関連情報サイトを更新されました。 本年6月に改正された育児・介護休業法が2022年4月1日から段階的に施行されます。 □22年4月1日~ ・育児休業を取得しやすい雇用環境整備および妊娠・出産の申出をした労働 者に対する個別の周知・意向確認の措置の義務付け ・有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和 □22年10月1日 ・産後パパ育休(出生時

通常国会で成立した労働関係法律

6月16日に会期末を迎え閉会となる第204回通常国会にて、会期中に成立した労働関係法律は次のとおりです。 □子ども・子育て支援法及び児童手当法の一部を改正する法律案 子育て支援に積極的に取り組む事業主に対する助成制度の創設など(5月21日成立・5月28日公布) □育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律案 出生時育児休業の創設、事業主が講

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page