top of page

育児・介護休業法および雇用保険法の一部改正法案が成立

育児・介護休業法および雇用保険法の一部を改正する法律案が、6月3日に開かれた衆議院本会議で全会一致で可決され成立しました。


【主な改正ポイントと予定される施行日】


(1)男性の取得促進に向け、子の出生後8週間以内に4週間(2回まで分割可)取得

できる柔軟な育児休業の枠組みを創設

(施行予定日:改正法公布日から1年6カ月以内の政令で定める日)



(2)①育児休業の申し出・取得を円滑にするための雇用環境整備に関する措置、

   ②妊娠・出産の申し出をした労働者に対する個別の制度周知・休業取得意向確認

のための措置を事業主に義務づけ

(施行予定日:令和4年4月1日)



(3)育児休業(上記(1)除く)について、分割して2回まで取得可能とする

(施行予定日:改正法公布日から1年6カ月以内の政令で定める日)



(4)常時雇用する労働者数が1000人超の事業主に対し、育児休業取得状況の公表を

義務づける

(施行予定日:令和5年4月1日)


(5)有期雇用労働者の育児・介護休業の取得について、「引き続き雇用された期間

が1年以上である者」とする要件を廃止する

(施行予定日:令和4年4月1日)


(6)育児休業給付について、出産日のタイミングにより受給要件を満たさなくなる

ケースを解消するため、被保険者期間の起算点に関する特例を設ける

(施行予定日:改正法公布日から3カ月以内の政令で定める日)



最新記事

すべて表示

障害のある人への合理的配慮の提供の義務化について

2024年4月より障害者差別解消法が改正され、これまで努力義務であった 事業者の障害のある人に対する合理的配慮の提供が義務化されます。 この改正により、障害のある人からバリア(障壁)を取り除くために、何らか の対応を求められた場合、事業主は合理的な配慮をすることが求められます。 1.対象となる事業者 本法における「事業者」とは、商業その他の事業を行う企業や団体、店舗であり、 目的の営利・非営利、個

移転のお知らせ

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 このたび、弊社は、本社を2022年10月11日より以下の所在地に移転しますのでお知らせいたします。 移転を機に、サービスのさらなる向上をめざし皆様のご期待に沿えるよう努力してまいりますので、 今後とも変わらぬお引立てを賜りますようお願い申し上げます。 【移転先住所】 〒102-0071 東京都千代田区

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法について

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法の関連情報サイトを更新されました。 本年6月に改正された育児・介護休業法が2022年4月1日から段階的に施行されます。 □22年4月1日~ ・育児休業を取得しやすい雇用環境整備および妊娠・出産の申出をした労働 者に対する個別の周知・意向確認の措置の義務付け ・有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和 □22年10月1日 ・産後パパ育休(出生時

bottom of page