男性の育休取得促進に向けた育介法改正法案要綱を労政審分科会が了承

労働政策審議会雇用環境・均等分科会は1月27日、育児・介護休業法の一部を改正する法律案要綱について審議を行い、その内容について了承しました。


改正法案要綱では、男性の育児休業取得促進に向け、より休業を取得しやすい環境整備のために、子の出生後8週以内に最大4週間(28日)の育児休業を2回まで分割して取得できる「出生時育児休業」の制度を新設するほか、育児休業に関する制度の周知や休業取得意向の確認などを個別に行うことを事業主が講ずべき措置として義務づけることとしています。


こうした育児休業制度の改正に合わせて、労働政策審議会の雇用保険部会では、出生時育児休業の取得期間中に、現行の育児休業給付金と同等の新給付金を支給することなど、関連する法改正の必要性を示した部会報告を行っており、今後職業安定分科会で雇用保険法の一部改正に向けた審議が進められる予定となっています。


労働政策審議会では、今回了承された育児・介護休業法の改正部分と、雇用保険法の改正部分の審議結果を踏まえて厚生労働大臣への答申を行う予定です。



《関連情報》


厚生労働省「労働政策審議会 職業安定分科会 雇用保険部会報告」


労働政策審議会建議「男性の育児休業取得促進策等について」

  

労働政策審議会 職業安定分科会 雇用保険部会報告

  


最新記事

すべて表示

現物給与の価額を一部改正

健康保険、船員保険、厚生年金保険、労働保険の保険料算定に当たっては、事業主から金銭または通貨で支払われる報酬だけでなく、通勤定期券や住宅、社員食堂で提供される食事など、現物で支給されるものも対象として取り扱うこととされています。 この現物給与の価額は厚生労働大臣が定めることとされており、 ・食事で支払われる報酬 ・住宅で支払われる報酬(社宅・寮の貸与など) の現物給与価額について、4月1日から一部

大企業非正規雇用者への休業支援金・給付金について

「新型コロナウイルス感染症休業・支援金」の大企業の非正規雇用労働者への適用について、当初公表された2021年1月8日以降の休業に加え、2020年4~6月に行われた休業も対象とする予定であることが公表されました。(※関係省令の改正後正式に決定となります) 同制度では、休業手当を受けられなかった日につき、休業前1日当たり平均賃金の80%を支給するとしていますが、今回追加された2020年4~6月分の休業

中途採用比率の公表いついて

労働施策総合推進法の規定により、2021年4月1日から、正規雇用労働者の中途採用比率の公表が義務化されます。 常時雇用する労働者が301人以上の企業で義務化され、求職者が容易に閲覧できるかたちで「直近の3事業年度の各年度について、採用した正規雇用労働者の中途採用比率」を公表することが必要となり、おおむね年に1回、公表した日を明らかにして、インターネットの利用やその他の方法で行うことになります。 初