産業雇用安定助成金について

産業雇用安定助成金は、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合に、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成を行うものです。


これまでは対象にならなかった独立性が認められない事業主間で実施される出向へについても2021年8月1日以降に実施される出向についても、新たに助成金の対象となることが公表されました。


□新たに助成金の対象となる「出向」


以下の項目全てを満たした出向が新たに助成対象となります。

・資本的・経済的・組織的関連性などからみて独立性が認められない事業主間で実施

 される出向であること

 (例)・子会社間の出向

     (両社の親会社からの出資割合を乗じて得た割合が50%を超える場合に限る)

    ・代表取締役が同一人物である企業間の出向

    ・親会社と子会社間の出向

    ・「人事、経理、労務管理、労働条件等の決定の関与」や「常時の取引状況」

     などを総合的に判断し、独立性が認められないと判断される企業間の出向

・新型コロナウイルス感染症の影響による雇用の維持のために、通常の配置転換の一環

 として行われる出向と区分して行われる出向

・令和3年8月1日以降に新たに開始される出向



□助成率等

・出向運営経費

 出向元事業主および出向先事業主が負担する賃金、教育訓練、労務管理に関する

 調整経費など、出向中に要する経費の一部が助成される。


・助成率

  中小企業:2/3 

  中小企業以外:1/2


・上限額(出向元・先の計):12,000円/日


※出向の成立に要する措置を行った場合に助成される「出向初期経費助成」は支給

 されない。


厚生労働省「産業雇用安定助成金」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082805_00008.html

最新記事

すべて表示

雇用調整助成金の特例措置のについて

新型コロナウイルス感染症対応として実施している雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金および新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、本年11月末までとしていた実施期限を2022年3月末まで延長する予定であることが公表されました。 雇用調整助成金については、本年5月の見直し以降、中小企業に対しては原則的措置として助成率を5分の4(解雇等を行わない場合は10分の9)、地域・業況によ

65歳以上の副業者を対象とする「雇用保険マルチジョブホルダー制度」

厚生労働省より、2022年4月1日から新設される「雇用保険マルチジョブホルダー制度」の概要を示すパンフレットやQ&Aをホームページ上で公表されました。 雇用保険マルチジョブホルダー制度は、複数の事業主に雇用される65歳以上の労働者に対するセーフティネット拡充を目的として、2020年3月に成立した雇用保険法等の一部を改正する法律により新設されるものです。 以下の要件を満たし、特例的に雇用保険の被保険

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法について

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法の関連情報サイトを更新されました。 本年6月に改正された育児・介護休業法が2022年4月1日から段階的に施行されます。 □22年4月1日~ ・育児休業を取得しやすい雇用環境整備および妊娠・出産の申出をした労働 者に対する個別の周知・意向確認の措置の義務付け ・有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和 □22年10月1日 ・産後パパ育休(出生時