top of page

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の臨時的取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大を踏まえ、令和4年8月9日以降に申請を

受け付けた新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金については、以下のような

臨時的な取り扱いになっています。

 

 1.臨時的な取り扱いについて


   医師の意見書を添付することができない場合、療養により休んだ期間やその期間

において療養のため労務に服さなかった旨を証明する書類を会社が発行し添付す

ることで、傷病手当金の申請が可能となります。


 2.具体的な手続きについての留意点


  □協会けんぽの場合

   療養期間によっては「療養状況申立書」の添付が必要となります。

   療養状況申立書は管轄支部によって異なるため、管轄の協会けんぽホームページ

   にてご確認ください。


  □組合健保の場合

   必要書類や傷病手当金申請書の記載方法は各健保組合によって異なってきます。

   加入している健保組合へ確認ください。

     

 

 このような感染拡大に対応した当面の運用方法がQ&Aにまとめられています。

 以下をあわせてご確認ください。


 <厚生労働省>

 

最新記事

すべて表示

令和6年10月以降に施行される労働・社会保険関連の法改正について

令和6年10月以降に施行される労働・社会保険関連の法改正の確認 ①令和6年10月1日 短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用対象となる被保険者数が101人以上から51人以上の企業等になる ・短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大のご案内(日本年金機構) ・社会保険適用拡大 特設サイト(厚生労働省) ②令和6年11月1日 フリーランス・事業者間取引適正化等法が施行 ・フリーラ

2024年10月以降の短時間労働者に対する社会保険の適用拡大について

2024年10月以降、短時間労働者の社会保険の適用範囲が拡大されます。 これまでは、厚生年金保険の被保険者数が101人以上の企業が対象となっていましたが、 2024年10月より、厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者も、 加入要件を満たせば社会保険への加入が義務付けられます。 1.加入要件 厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者で、 下記要件に全て該当す

協会けんぽの健康保険料率について

協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、2024年3月分(4月納付分)からの 料額表が協会けんぽのホームページで公開されています。 なお、介護保険料率は、全国一律の1.60%となります。 令和6年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます 令和6年度保険料額表(令和6年3月分から)

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page