top of page

小学校休業等対応助成金・支援金の対象期間の延長等について

新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者の皆様を支援するため、小学校休業等対応助成金・支援金制度を設け、令和3年8月1日から同年12月31日までの間に取得した休暇について支援が行われています。


厚生労働省より対象となる休暇取得の期間を令和4年3月末までに延長に関して案内がありました。


【延長後の支給内容の予定】

 ※申請様式等の詳細については、改めて厚生労働省より案内されます。


1.「小学校休業等対応助成金・支援金」の支給額

 ① 小学校休業等対応助成金 (労働者を雇用する事業主の方向け)

   休暇中に支払った賃金相当額×10/10を助成する点に変更はありません。

   日額上限について、以下の通りとなる予定です。

   ・令和4年1~2月:日額上限11,000円

    (申請の対象期間中に緊急事態宣言の対象区域又はまん延防止等重点措置を

     実施すべき区域であった地域に事業所のある企業:15,000円)

   ・令和4年3月:日額上限9,000円

    (申請の対象期間中に対象地域に事業所のある企業:15,000円)


 ② 小学校休業等対応支援金 (委託を受けて個人で仕事をする方向け)

   就業できなかった日について、1日あたり定額で支給する点に変更はありません。

   ・令和4年1~2月:1日当たり5,500円

    (申請の対象期間中に対象地域に住所を有する方:7,500円)

   ・令和4年3月:1日当たり4,500円

    (申請の対象期間中に対象地域に住所を有する方:7,500円)


2.「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」の設置期間の延長

 小学校休業対応助成金に関する相談に対応するため、「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」(全国の都道府県労働局に設置)も延長される予定です。


3.新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の仕組みによる申請

 労働局からの本助成金の活用の働きかけに事業主が応じない場合に、令和3年12月末までに取得した休暇と同様に、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の仕組みにより、労働者が直接申請できることとする対応も、令和4年3月末までに取得した休暇について行われる予定です。



【厚生労働省】


最新記事

すべて表示

令和6年10月以降に施行される労働・社会保険関連の法改正について

令和6年10月以降に施行される労働・社会保険関連の法改正の確認 ①令和6年10月1日 短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用対象となる被保険者数が101人以上から51人以上の企業等になる ・短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大のご案内(日本年金機構) ・社会保険適用拡大 特設サイト(厚生労働省) ②令和6年11月1日 フリーランス・事業者間取引適正化等法が施行 ・フリーラ

育児休業給付金 延長申請時の手続き厳格化 について

2027年4月1日以降に育児休業給付金の延長申請を行う際の手続きが雇用保険法施行規則の省令改正に伴い、厳格化されることが決定しました。 1.厳格化の背景 保育所等への入所意思がないにも係らず給付金延長の為に申し込みを行う者への 対応や、意に反して保育所等の入所が内定した者からの苦情対応等に自治体が時間 を要しており、見直しの要望が示されていました。 これに伴い自治体の負担軽減と適切な運用を図るため

2024年10月以降の短時間労働者に対する社会保険の適用拡大について

2024年10月以降、短時間労働者の社会保険の適用範囲が拡大されます。 これまでは、厚生年金保険の被保険者数が101人以上の企業が対象となっていましたが、 2024年10月より、厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者も、 加入要件を満たせば社会保険への加入が義務付けられます。 1.加入要件 厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者で、 下記要件に全て該当す

コメント


bottom of page