同一労働同一賃金への対応について


この4月から、昨年施行された「同一労働同一賃金」が全事業主に対象が拡大されます。



「同一労働同一賃金」は、「仕事の内容が同じ労働者には、正規・非正規の雇用形態が異なっても、同じ賃金を支払うべき」という考え方に基づき、働き方改革の一環で法律が整備されました。


社員、契約社員、パートタイマー等雇用形態を問わず待遇が仕事の責任、内容、時間、貢献に関係なく支給されているものであれば同じく支給、仕事の内容、責任、時間、貢献に対して支給するものであれば按分して支給して下さいという考え方です。

仮に部分的にも割合的に及んでいない場合は、支給しなくても問題ないという考え方になります。


今後は、パートタイマー・契約社員だからいう理由だけで支給しないは違法と判断される可能性がでてきます。



【対応①】不合理な待遇差の解消


同じ仕事や責任等にも関わらず、正社員とパート等で待遇が異なる場合は、「不合理な待遇差」として是正が求められる場合があります。基本給だけでなく、賞与や各種手当、休暇、福利厚生、教育訓練等のあらゆる待遇が対象となってきます。



【対応②】説明準備


パート等の非正規社員は、正社員との待遇差の内容や理由について、事業主に説明を求めることができるようになります。待遇差がある場合には、説明できるように関連規定や判断基準を整理・把握しておく必要があります。



厚生労働省のガイドラインに基本的な考え方、具体例が示されています


厚生労働省「同一労働同一賃金ガイドライン


最新記事

すべて表示

労災保険の「特別加入」の対象について

9月1日より労災保険の特別加入の範囲に以下の方が追加されます。 ・ 自転車を使用して貨物運送事業を行う者 これまでは、自動車および原動機付自転車を使用して貨物運送事業を行う者を、 一人親方等として特別加入の対象範囲となっていたものに、新たに自転車を 自動車及び原動機付自転車を使用して貨物運送事業を行う者が追加。 ・ ITフリーランス 「情報処理に係る作業」を行う人について、新たに特別加入の対象とさ

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果について

厚生労働省は、令和2年度に実施した長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表しました。 各種情報から ・時間外・休日労働数が1カ月当たり80時間超に上るとみられる事業場 ・過重な労働による過労死等で労災請求が行われた事業場 について実施され、2万4042事業場が対象となりました。 1万7594事業場で何らかの労働基準関係法令違反が確認され、全体に占める割合では73.2% に上っています。

厚生労働省が提示した新しい履歴書の様式例について

従来、厚生労働省が推奨する履歴書は、公正な採用選考を確保する観点から、一般財団法人日本規格協会が、JIS規格の解説の様式例において示していた履歴書の様式例でした。 昨年7月に日本規格協会が、JIS規格の解説の様式例から履歴書の様式例を削除したことから、厚生労働省で公正な採用選考を確保する観点から新たな履歴書様式例の検討が行われ、厚生労働省履歴書様式例が作成されました。 今後、厚生労働省では公正な採