厚生労働省が提示した新しい履歴書の様式例について


従来、厚生労働省が推奨する履歴書は、公正な採用選考を確保する観点から、一般財団法人日本規格協会が、JIS規格の解説の様式例において示していた履歴書の様式例でした。


昨年7月に日本規格協会が、JIS規格の解説の様式例から履歴書の様式例を削除したことから、厚生労働省で公正な採用選考を確保する観点から新たな履歴書様式例の検討が行われ、厚生労働省履歴書様式例が作成されました。


今後、厚生労働省では公正な採用選考への理解を深めるさまざまな取り組みを実施するにあたり、この様式例が活用されることになります。



■厚生労働省履歴書様式例とJIS規格様式例の相違点


1.性別欄は〔男・女〕の選択ではなく任意記載欄とする。

 なお、未記載とすることも可能である旨の注釈が添えられている。


2.以下の項目は設けない(削除)

 ・通勤時間

 ・扶養家族数(配偶者を除く)

 ・配偶者

 ・配偶者の扶養義務


採用選考時に使用する履歴書の様式については、厚生労働省が作成した様式例を参考にしつつ、公正な採用選考を進めるように周知しています。


また、履歴書の様式に厚生労働省作成の様式例と異なる記載欄を設ける場合は、公正な採用選考の観点に特に留意するように通知しています。



厚生労働省「新たな履歴書の様式例の作成について



最新記事

すべて表示

同一労働同一賃金への対応について

この4月から、昨年施行された「同一労働同一賃金」が全事業主に対象が拡大されます。 「同一労働同一賃金」は、「仕事の内容が同じ労働者には、正規・非正規の雇用形態が異なっても、同じ賃金を支払うべき」という考え方に基づき、働き方改革の一環で法律が整備されました。 社員、契約社員、パートタイマー等雇用形態を問わず待遇が仕事の責任、内容、時間、貢献に関係なく支給されているものであれば同じく支給、仕事の内容、