top of page

協会けんぽ 押印廃止書類について

協会けんぽから提出書類への押印の取扱いについて改めて公表がありました。



健康保険における押印廃止は、事業主、社会保険労務士の押印を不要とするとともに医師

による意見書の押印も不要とされましたが、口座振替申出書における「金融機関登録印」

については、押印が必要な届出となっています。



協会けんぽでは、この押印に関して各種申請書毎の取扱一覧表を公開しています。

上の金融機関登録印のように押印を継続することになっている申請書類もあるため注意が

必要です。




協会けんぽ「協会けんぽへの各種申請書押印廃止の取扱いについて」

最新記事

すべて表示

2024年10月以降の短時間労働者に対する社会保険の適用拡大について

2024年10月以降、短時間労働者の社会保険の適用範囲が拡大されます。 これまでは、厚生年金保険の被保険者数が101人以上の企業が対象となっていましたが、 2024年10月より、厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者も、 加入要件を満たせば社会保険への加入が義務付けられます。 1.加入要件 厚生年金保険の被保険者数が51人以上の企業で働く短時間労働者で、 下記要件に全て該当す

協会けんぽの健康保険料率について

協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、2024年3月分(4月納付分)からの 料額表が協会けんぽのホームページで公開されています。 なお、介護保険料率は、全国一律の1.60%となります。 令和6年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます 令和6年度保険料額表(令和6年3月分から)

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の臨時的取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大を踏まえ、令和4年8月9日以降に申請を 受け付けた新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金については、以下のような 臨時的な取り扱いになっています。 1.臨時的な取り扱いについて 医師の意見書を添付することができない場合、療養により休んだ期間やその期間 において療養のため労務に服さなかった旨を証明する書類を会社が発行し添付す ることで、傷病手当金の申請が可能

bottom of page