令和3年度の「地方労働行政運営方針」

厚生労働省より「令和3年度地方労働行政運営方針」が公表されました。


各都道府県労働局はこの運営方針に基づき、管内事情に則した重点課題を盛り込んで行政運営方針を策定し、計画的な行政運営を図ることとされています。


令和3年度の運営方針では、「地方労働行政の重点施策」として、主に次のような点が挙げられています。


1. ウィズ・ポストコロナ時代の雇用機会の確保

 (1)雇用の維持・継続に向けた支援


 (2)業種・地域・職種を越えた再就職等の促進


 (3)非正規雇用労働者の再就職支援


 (4)女性活躍・男性の育児休業取得等の推進


2. ウィズコロナ時代に対応した労働環境の整備、生産性向上の推進

 (1)「新たな日常」の下で柔軟な働き方がしやすい環境整備


 (2)ウィズコロナ時代に安全で健康に働くことができる職場づくり


 (3)雇用形態に関わらない公正な待遇の確保



【厚生労働省】「令和3年度地方労働行政運営方針」の策定について


最新記事

すべて表示

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法について

2022年4月1日から施行される改正育児・介護休業法の関連情報サイトを更新されました。 本年6月に改正された育児・介護休業法が2022年4月1日から段階的に施行されます。 □22年4月1日~ ・育児休業を取得しやすい雇用環境整備および妊娠・出産の申出をした労働 者に対する個別の周知・意向確認の措置の義務付け ・有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和 □22年10月1日 ・産後パパ育休(出生時

通常国会で成立した労働関係法律

6月16日に会期末を迎え閉会となる第204回通常国会にて、会期中に成立した労働関係法律は次のとおりです。 □子ども・子育て支援法及び児童手当法の一部を改正する法律案 子育て支援に積極的に取り組む事業主に対する助成制度の創設など(5月21日成立・5月28日公布) □育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律案 出生時育児休業の創設、事業主が講

育児・介護休業法および雇用保険法の一部改正法案が成立

育児・介護休業法および雇用保険法の一部を改正する法律案が、6月3日に開かれた衆議院本会議で全会一致で可決され成立しました。 【主な改正ポイントと予定される施行日】 (1)男性の取得促進に向け、子の出生後8週間以内に4週間(2回まで分割可)取得 できる柔軟な育児休業の枠組みを創設 (施行予定日:改正法公布日から1年6カ月以内の政令で定める日) (2)①育児休業の申し出・取得を円滑にするための雇用環境