コロナ関連の助成金に関する申請期限等の整理

緊急事態宣言延長に伴い、各種助成金や補助金など(以下、助成金等)の申請期限が延

長されました。また、新設の助成金等も登場しています。


2021 年(令和3 年)2 月16 日時点の各省庁の公開情報をもとに取り纏めてみました。



□雇用調整助成金

 【概要】

  事業活動の縮小が余儀なくされた場合に、休業手当の最大全額を助成

  (日額15,000 円まで)雇用保険被保険者以外も対象


 【申請期限】

  支給対象期間の末日(毎月の賃金締日)の翌日から2 ヶ月


 【問い合わせ先等】

  コールセンター 0120-60-3999

  雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)

  



□新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

 【概要】

  休業期間中賃金が支払われない中小企業の従業員に、日額最大11,000 円を支給

  パート・アルバイトも対象


 【申請期限】

  ・10~12 月の休業:3 月31 日まで

  ・1~4 月の休業:7 月31 日まで


 【問い合わせ先等】

  コールセンター 0120-221-276

  新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

  


□産業雇用安定助成金

 【概要】

  在籍出向による雇用の維持、人材活用を支援出向元・先双方に出向中の費用の9/10

  (大企業は3/4) + 初期費用15 万円/人を助成


 【申請期限】

  出向開始の前日(4 月5 日以前に開始する場合は4 月5 日)までに計画届を提出


 【問い合わせ先等】

  都道府県労働局またはハローワーク

産業雇用安定助成金

  



□トライアル雇用助成金

 【概要】

  コロナ離職者を雇う場合、その試行雇用期間(3ヶ月)に月額4 万円/人

  (短時間労働者は2.5 万円)を助成


 【申請期限】

  試用期間終了の日の翌日から2 ヶ月


 【問い合わせ先等】

  都道府県労働局またはハローワーク

  新型コロナウイルス感染症対応トライアルコース・新型コロナウイルス感染症対応短時間トライアルコース

  



□ひとり親世帯に対する臨時特別給付金

 【概要】

  児童扶養手当受給世帯等に10 万円、第2 子以降+6 万円 + 収入減の場合に5 万円


 【申請期限】

  2 月28 日まで(※各市区町村によります)


 【問い合わせ先等】

  コールセンター 0120-400-903

  ひとり親世帯臨時特別給付金

   



□緊急小口資金・総合支援資金

 【概要】

  コロナによる収入減や失業で生活が苦しい方を対象とした生活費の貸付け


 【申請期限】

  3 月31 日まで


 【問い合わせ先等】

  コールセンター 0120-46-1999

  生活福祉資金の特例貸付

  



□住宅確保給付金

 【概要】

  支給が終了した方に、3 ヶ月間再支給


 【申請期限】

  3 月31 日まで


 【問い合わせ先等】

  コールセンター 0120-23-5572

  住居確保給付金

  


最新記事

すべて表示

厚生労働省より、今後の関係省令の改正を前提として、雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置を6月まで延長することが公表されました。 助成内容は既に決定していた3月までの適用水準と変更なく、雇用調整助成金については原則的な助成率を中小企業は5分の4(解雇等を行わない場合は10分の9)、大企業は3分の2(同4分の3)とし、日額上限は9000円となりま

厚生労働省より「キャリアアップ助成金」について、令和4年度の変更点の概要資料が示されました。 【令和4年4月1日以降 変更点の概要】 □正社員化コース・障害者正社員化コース ・有期雇用労働者から無期雇用労働者への転換の助成が廃止されます。 □両コース共通改正事項 (1)正社員定義の変更 ・「賞与または退職金の制度」かつ「昇給」のある正社員への転換が必要となります。 (2)非正規雇用労働者定義の変更

雇用調整助成金の来年3月までの特例措置等が公開されました。 特例措置の段階的な縮小が行われ始めているため、1人あたりの日額上限額について、2022年1月より引き下げられますが、原則的な措置であるため業況特例や地域特例は従前の上限額が継続されます。 各種リーフレット、ガイドブック等がリニューアルされていますので、以下よりご確認ください。 厚生労働省 「雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の